小説家になろう 月間ランキング上位50小説のタイトルの傾向を分析してみた

アマゾンセール情報はこちら!

小説のタイトルを分析して、最近の人気の傾向を調査してみます!
もし、小説を書く方がいましたらタイトル付けの参考にしてもらえますと幸いです。

調査したのは2023年12月3日時点のハイファンタジーの月間ランキングです。その他のランキングでも分析してみて!ってご要望あればやりますので、Xにてご連絡ください!

あとは、分析結果ので人間味のない文章ですがどうぞ!

目次

キーワードの傾向

  • 転生: 多くのタイトルに「転生」が含まれており、異世界や前世の要素が顕著。
  • 令嬢: 「令嬢」や「悪辣令嬢」など、貴族の女性キャラクターが登場するタイトルが多くある。
  • スローライフ: 「スローライフ」や「楽しい領地防衛」など、穏やかでのんびりとした生活がテーマのタイトルもあり。
  • 冒険: 冒険や冒険者に関連する言葉も多くある。
  • 魔法: 魔法や魔法具に関するキーワードは少ないながらもある。

テーマ性

  • 異世界冒険: 多くの作品が異世界や冒険をテーマにしており、主人公が異なる世界で冒険や生活をする様子が描かれている
  • 転生者の成長: 転生した主人公が成長し、特別な能力を持つことで強敵と対峙するストーリーが多い。
  • 悪役転生: 悪役に転生した主人公が成り上がり、物語を進める要素がいくつかあり。
  • 令嬢の視点: 令嬢が主人公となり、国や周囲との関わり合いを描いた作品も。

独自性

いくつかのタイトルは独自のアプローチを持っており、例えば「AIある最強陰陽師は異世界で無双する」といった現代技術や異色の要素を組み込んでいる。

この辺は、これから来る流れなのかもしれない。

キーワードやテーマ性は、人気のある小説ジャンルやトレンドに影響されている可能性あり。
新しいアイディアや斬新なアプローチが人気を呼ぶことも考えられます。これらの傾向を踏まえながら、人気の小説を創作する上での参考にしていただければ幸いです。

小説タイトルに頻発する単語数

月間ランキング50位の小説タイトルの平均文字数は約74.26文字。

小説家になろうの月間ランキング50位のタイトルに出てくる単語では、以下のようになりました。
転生、異世界、冒険がとても多い。

1回しか出ていないが、新しい流れの可能性として「AI」も入れています。

  • 転生: 14回
  • 異世界: 10回
  • 冒険: 8回
  • 魔法: 7回
  • 令嬢: 6回
  • 成長: 4回
  • スローライフ: 3回
  • 悪役: 3回
  • 陰陽師: 2回
  • AI: 1回

小説タイトルの類義語、類似語もついでに

小説タイトルのパターンとして、ニュアンスが変わるけどこんなのもあるよってことで紹介です。

  1. 転生:
    • 類似語: 生まれ変わる、再生
    • 類義語: 輪廻、転輪
  2. 令嬢:
    • 類似語: 貴族の娘、お嬢様
    • 類義語: 貴婦人、淑女
  3. スローライフ:
    • 類似語: のんびり生活、ゆっくりとした日々
    • 類義語: 穏やかな生活、平穏な時間
  4. 冒険:
    • 類似語: 冒険旅行、探索
    • 類義語: 冒険心、冒険者
  5. 魔法:
    • 類似語: 呪文、魔術
    • 類義語: 妖術、魔法使い
  6. 悪役:
    • 類似語: 敵役、悪党
    • 類義語: 敵対者、邪悪な存在
  7. 異世界:
    • 類似語: 別世界、異次元
    • 類義語: 異なる次元、異次元空間

上位10タイトルと、その他の違い

上位10位の特徴

  1. 「転生」や「異世界」など、ファンタジー要素が強く、読者の興味を引く要素が多い。
  2. タイトルに特定のキャラクターやストーリーの要素が強く反映されている。
  3. 異色の要素や斬新なアプローチが見られる。

その他の順位に入るタイトルの特徴

  1. 「スローライフ」や「令嬢」など、より穏やかでのんびりとしたテーマが多い。
  2. 転生や異世界もの以外にも、多様なテーマ性が見られる。
  3. より個性的なアプローチやジャンルが混在しており、異なる読者の好みに対応している。

上位10位に入るタイトルは、一般的に人気のあるファンタジー要素が強調されており、タイトル自体が物語の魅力を端的に示している傾向があります。その他の順位に入るタイトルは、幅広いジャンルやアプローチがあり、異なる読者の好みに応えるようなバラエティが見られます。

これらの違いは、人気ジャンルやトレンドに関する洞察や、読者層の多様性を反映していると言えます。異なるアプローチを採用することで、広範な読者にアピールできる可能性があります。

まとめ

思ったよりも偏ってないですね。
今回の分析には、文体については考慮していないのでそれを含めたものも今後やってみましょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次