SWELLのおすすめプラグインを全部入れてみた

アマゾンセール情報はこちら!

ブログを始めてからたくさんのことに気づきました。
とにかく、何も、整っていない!!!

見た目どうこうよりもまずはブログを更新する週間をつけよう!が目標だったので、良いのですがせっかくなら書いていく中で少しでもブログを良くしていきたい。
そう思ったので、SWELLのカスタマイズをブログの記事としてやっていき、SWELLに詳しくなりながらブログを記事も書けるという一石二鳥の完璧な作戦です。

今回は、WordPressのプラグインを導入していきます。SWELLにおすすめのプラグインの記事を見つけたので皆さまぜひご参考にしてください。

目次

WordPressのプラグイン導入方法

まずはプラグインの導入方法からおさらいです。
SWELLを使っていても、他のテーマを使っていてもプラグインの導入方法は変わりません。

WordPress管理画面から、左サイドバーにあるプラグインを開きます。その後、ページ右上にある検索窓にプラグイン名やキーワードを入れると検索されて表示されます。

プラグインの詳細を知りたい場合は、プラグイン名をクリック。インストールする際は「今すぐインストール」をクリック。インストール後は、有効化を押さないとプラグインの機能が動かないのでご注意ください。

プラグインを追加する

SWELLおすすめのプラグイン

SWELLは本当にありがたいことがたくさんで、おすすめのプラグインが公式より情報が公開されています。
本当にありがたい…!!

ここでは実際に私がインストールしたプラグインをご紹介。

SEO SIMPLE PACK

SWELL向けのシンプルなSEOプラグイン

SWELLでは、SNSシェア時に表示されるmetaタグ関連の設定がデフォルトではありません。数あるSEOプラグインの中でもSWELLに向いているのはこのSEO SIMPLE PACKです。
なんと!SWELLと同じ開発者様のプラグインなので、SWELLとの相性が抜群です。

私が普段Web制作をしている時は、YoastSEOを使っています。こちらは高機能・多機能が魅力的です。しかし、SWELLのコンセプトであるシンプルなのに、高機能をできるだけ崩したくありませんので、複雑になるようなプラグインの導入は避けたいところ。

SEO SIMPLE PACKは、名前の通りシンプルさが売りのプラグインです。いきなり高機能なプラグイン使うよりも、シンプルなものを使っていく方が理解もしやすそうです。

実際に有効化すると以下の画像のように、サイドバーにページが出現します。

プラグインを有効化すると、サイドバーに出現

Googoleアナリティクスやウェブマスターツールがありますが、Google Site Kitを使っている場合は機能が被るので設定しなくて良いみたいです。

Highlighting Code Block

コードをハイライトするプラグイン

記事中にプログラムを紹介する際にとても便利なプラグインです。なんとこちらもSWELLと同じ開発者様が作ったプラグインです。すごい。

こちらの記事でプラグインを導入する前にHTMLを書いている部分があるのですが、とてもシンプルです。
これをよりよく、綺麗に見せることができます。
プラグインをインストール後に、ブロックエディタでブロックを追加する際にプラグイン名で検索すると出てきます。

プラグインで追加される

こちらが、WordPressデフォルトのコード挿入

<p></p>
<a href="" target="_blank"><img src="" alt=""></a>

そしてこちらが、SWELLと相性の良いHighlighting Code Blockでのコード挿入。

<p></p>
<a href="" target="_blank"><img src="" alt=""></a>

まるで違いますね。これでコードを紹介する際にとてもみやすくなりました。

Useful Blocks

ブロガー向けのブロックエディタのブロックを追加できるプラグインです。ブロックエディタで多くのことが簡単にできるようになりましたが、おしゃれにもできるのがUseful Blocks。おしゃれ。大事。

2つほど実際に追加できるブロックを紹介します。もう凄すぎる。

Pochipp

アフィリエイトするならこれ!

アフィリエイトリンクを管理できます。
プラグインを入れるとブロックエディタに、可愛い肉球アイコンが追加されます。

プラグイン有効化後に、左サイドバーからポチップ管理 > ポチップ設定を行うことでとても便利に使うことができます。
実際に使ってみた感想を書きたかったのですが、なぜか連携したamazonがAPIのリクエスト回数が多いってエラーが表示されて使用できず….なぜだろう…解決したら報告します。

WP Multibyte Patch

日本語扱うなら絶対に入れるプラグインですね!

XML Sitemap & Google News

SWELLには、XMLサイトマップを出力する仕組みを備えていないので、プラグインで代用します。
先ほどの SEO SIMPLE PACKとちゃんと棲み分けができているみたいなので、導入しちゃいました。

ふと思ったのですが、SEO SIMPLE PACKとこのXMLサイトマップのように2つのプラグインを入れるよりも、Yoast SEO 1ついれば解決するのでは??って。
シンプルさを崩したくなくて、シンプルなプラグインを選んでいますが、Yoast SEO1つだけの方がシンプルなのでは?????
また今度考えてみます。

WP Revisions Control

WordPressはリビジョンという形で、記事の変更履歴を無限に保存します。
その結果、サイトの容量があがりますし本当に必要な情報もわかりにくいかもしれません。

必要かわかりませんが、とりあえずおすすめでだったので入れてみています。

おわりに

ひとまず公式でも紹介されているプラグインをご紹介しました。実際に使った感想等も今後更新していきたいと思います。

SWELLを使い込んでいきましょう!

参考記事

https://swell-theme.com/basic-setting/4688/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次